創作サイト向けWordPressテーマ(2015年7月22日更新/WordPress 4.3及びスマートフォン対応)

「創作サイト向けWordPressテーマ」表示サンプル

動作サンプル】【ダウンロード】【設置方法】【アップデート方法

「創作サイト向けWordPressテーマ」はその名の通り、創作(イラスト・漫画・小説・詩・写真など)サイト向けのWordPressテーマです。日記を書くためのブログと、作品を発表するためのブログを両立させる(所謂「CMS」的に使う)ことを目標に作りました。プラグインを入れなくてもスマートフォンに対応しているのも特徴の一つです。

例えば、ブログサイトで過去ログを辿っているとき、管理人の日記と作品が混ざって表示されて面倒だと思ったことはありませんか? 管理人の人柄と作品は分けて見たいという人も多いでしょう。創作サイト向けWordPressテーマは、カスタム投稿タイプを使っているので、日記は日記、イラストはイラストと完全に分かれています。
また、イラストにつけられたカテゴリー・タグをクリックするとサムネイル一覧を、小説につけられたカテゴリー・タグをクリックすると小説のタイトルとあらすじを一覧表示するよう、閲覧しやすくするための工夫もしています。

最初にテキストエディタでfunction.phpを開いて初期設定しなければいけませんが、テーマをサーバにアップロードした後は全てWordPress側でコンテンツを管理できます。キービジュアル(ホームの大きな画像)は管理画面からアップロードできます。メニュー(about、note、picture、text)の名前や並びも管理画面から好きに設定できます。

ちなみにIE7以下はデザイン用CSSが適応されないようになっています(最低限閲覧できるようにそれ用のCSSは書いてあります)。

テーマのダウンロードと必須プラグイン

以下のリンクからテーマとテーマを動かすためのプラグインをダウンロードしてください。「テーマ本体」と「WP hn Convert」は必須です。

テーマ

プラグイン

【転載】WP hn Convert
必須プラグイン。見出しレベルを調節します。これがないとテーマがきちんと表示されません。必ず拡張子「.php」の形式で保存してください。
WP No Category Base
任意プラグイン。カテゴリーアーカイブのURLから「/category」を取り除きます。ブログっぽさが薄まるのでオススメ。
【転載】WordPress Disable Revisions and Autosave plugins
任意プラグイン。データベースを圧迫する自動保存やリビジョンを無効にします。必ず拡張子「.php」の形式で保存してください。

設置方法

  1. 「創作サイト向けWordPressテーマ本体」のfunction.phpをテキストエディタで開いて初期設定を適宜変更します。
  2. 「創作サイト向けWordPressテーマ本体」と「WP hn Convert」をアップロードします。
  3. 「創作サイト向けWordPressテーマ本体」と「WP hn Convert」を有効にします。
  4. 「パーマリンク設定」を空更新します(ダッシュボード→設定→パーマリンク設定→変更を保存)
  5. デフォルトカテゴリー「未分類」の名前とスラッグを変更します(ダッシュボード→投稿→カテゴリー)。スラッグは「blog」推奨。
  6. カスタムメニューを作ります(ダッシュボード→外観→メニュー)。ご自分のコンテンツに合わせてメニューを作ってください。並び替えもできます。作成したメニューは「テーマの場所」の「カスタムナビゲーション」を選択するとブログ上でも表示されます。初めてカスタムメニューを作る方は作業に戸惑うかもしれません。詳しくは管理画面/外観/メニュー (WordPress Codex 日本語版)をご覧ください。モノクロームを使用する場合はtitle属性を入力してください。
  7. キービジュアルを設定します(ダッシュボード→外観→ヘッダー→カスタムヘッダー)。
  8. 設定終了。お疲れ様でした。

一応下に補足説明しましたが、説明を読むより実際自分で触った方が分かりやすいと思うので、テストブログでも作ってテーマに慣れてください。説明下手で申し訳ないです。

アップデート方法

最新の「創作サイト向けWordPressテーマ本体」をダウンロードし、function.phpをテキストエディタで開いて初期設定を書き換えてください。その後テーマ本体をアップロードすれば作業終了です。

以前と「設置方法」が変更されている場合もあるのでときどきご確認ください。

【補足】記事内で使う見出しについて

個別ページでは記事タイトルがh1となっています。新しい記事をつくるときはh2から使ってください。個別ページ以外のページでは「WP hn Convert」が自動で見出しレベルを調節してくれます。

【補足】カスタム投稿タイプ「picture」について

投稿画面の「アイキャッチ画像」で設定した画像がpictureアーカイブpictureにつけられたタグの一覧でサムネイルとして使われます。せっかく画像をアップロードしてもアイキャッチ画像として設定していなければ一覧で表示されません。また、一つの記事に一つのアイキャッチ画像しか設定できません。よって、一つの記事に複数画像をアップロードしても一覧サムネイルに表示されるのは記事一件につき一つのサムネイルだけです。

【補足】カスタム投稿タイプ「text」について

投稿画面の「抜粋」で設定した文章がtextアーカイブtextにつけられたタグの一覧で表示されます。抜粋にはあらすじや注意書きを書くことをおすすめします。

【補足】「picture」、「text」のどちらか一方しか使わない場合

片方だけしか使わない場合、使わない方のコードをsidebar.phpから削除してください。管理画面に記事作成ボタンが残っていますが無視してください。function.phpからコードを削除すれば管理画面にも表示されなくなりますが、分からない人は触らない方が無難です。

【補足】各アーカイブにおける記事の表示について

今後の予定

今後も対応する予定がないもの

参考

更新履歴

デフォルト ver. 2012-03-28
とりあえず公開。
デフォルト ver. 2012-09-20
コードの記述ミスを修正した(function.phpのfunction custom_text_title_en()とするべきところをfunction custom_text_en_title()になっていた)。
デフォルト ver. 2012-09-22
コードの記述ミスを修正した(taxonomy-text-tag.phpのfunction custom_text_title_en()とするべきところをfunction custom_text_en_title()になっていた)。複数タグを指定した場合の区切り、関数名も変更した。
デフォルト ver. 2013-02-11
デフォルト ver. 2013-03-10
モノクローム ver. 2015-07-22

表示確認用

坂取キヒロ www@nrym.org
公開日: 2012年3月28日 最終更新日: 2016年2月11日